2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

心と体

2012年4月16日 (月)

ヴィパッサナー瞑想

永遠の冒険少年、少女のみなさん、こんばんは。

ヴィパッサナー瞑想10日間コース(前後各1日で、実質12日間)を終え、昨日、おうちに戻ったKOKOであります。

  

ヴィパッサナー、素晴らしかったです! 

これはもう、自分で体験しないと絶対にわからないから、あれこれ言いません。

そして、その人の”タイミング”もあると思いますので、いつか、そのタイミングが来たら、行ってみてください。

きっと、本当に、素晴らしい! と感じると思いますよ~!!  

 

詳しくはこちらのサイトを見てね。

日本ヴィッパサナー協会 

 

KOKOが行ったのは、千葉県茂原市にあるセンター「ダンマーディッチャ」。

Photo

正面に写っているのが女性宿舎、左手端は男性宿舎です。まん中奥が瞑想ホールで、右手の四角い建物は先生の宿舎。右手端に、女性のテントサイトがあります。

元野球場ということで、周りに何もない、自然に囲まれた野っぱらです。ウグイスの声がよく聞かれました。

 

参加者は、60名くらいかな?

男女それぞれ30人くらいいたと思います。

この時期にこれだけの人が集まるとは、驚きです。

そして、若い人が多いのにもびっくり!

女性は特に、ほとんどが30代です。(もしかして、KOKOが最年長かも・・・)

日本の未来はちょっと明るいかも~って、思っちゃいました。ホント。  

 

  

さて、ヴィパッサナーと言えば、「聖なる沈黙」。

コースの間中、ずっとおしゃべりは禁止です。

目も合わせてはいけないし、ボディーランゲージもダメ。

身体の接触も避けなければいけません。

勿論、携帯もパソコンも、本も、書きものも禁止です。

 

でもこれがいいんですね。

集中できる。

 

他人の言うことに左右されることなく、

10日間、ひたすら自分と向き合い、自分を”観察”する。(そして反応しない)

こんな機会、半世紀生きてきて、一度もなかった・・・。

 

朝4時半から2時間、8時から1時間、9時から2時間、昼1時から1時間半、2時半から1時間、3時半から1時間半、6時から1時間、そして7時から1時間の講話を聞き、最後に30分。

これ、全部、瞑想の時間です。

1日トータル10時間半の瞑想。

凄いです。

(誤った伝わり方をするといけないので、瞑想法の詳しいことは書きません。このコースは、ヴィパッサナーが10日間で学べる、とても素晴らしいプログラムになっています。)

 

最初はめげそうになりました。

エライこと始めちゃったな~   ホントに最後まで頑張れるのかしら? 

って、ちょっぴり心細くもなりました。

 

だって、足、めっちゃくちゃ痛いんだもん! 

 

 

特に4日目以降は、一度座り始めたら決められた時間中姿勢を変えない、ってのが原則で、

そう言われると、絶対にそれを守りたいじゃないですか?(守ってない人、いっぱいいましたけど。)

意地でも守っちゃうのがKOKOなのです。(そこまでしなくても・・・、ってことに気付きました。一番最後に。  )

 

瞑想中は、ひたすら「身体の感覚」を感じとることに集中します。

そして、どんな場合にも、それに嫌悪を抱いたり、渇望を持ったりしないよう、

心を平静に保ちます。

 

 

しかし、足が痛い・・・。 

 

 

 

全てのものは、「生まれては消え去る」

これがこの世の究極の真理、「アニッチャ(無常)」。

痛みもまた、生まれては消え去るのです・・・。

 

 

でも~、めっちゃ痛い~・・・。 

 

 

必死で平静さを保ち、痛みも一つ一つ細かく観察します。

(必死、ってところがもうすでに「平静」じゃないような気がするけど・・・)

 

 

終了の鐘が鳴ると、あちこちから、深~いため息が漏れます。(みんな、頑張ってたんだね~。)

 

それでも、日を追うごとに、確実に長く座れるようになって行く自分がいるんです。

痛みに対しての平静さも、なかなかのものです。

人間、修行を積めば、進歩して行くんですね。

 

だけど、「痛み」がなくなったら、今度は意識があちこち飛んでっちゃって、全然集中できなくなっちゃた・・・。 

 

ま、そんなこんな、いろいろあるんです、人生は。(ってムリに結論?)

 

 

 

この10日間の食事、これがまた特別です。

 

朝食は6時半、昼食は11時、そして、夕食は無し。

夕方5時にお茶の時間があって、果物とお茶が頂けるんですが、2度目以降の生徒さんは果物も無しです。

 

肉も魚も卵も無しの菜食で、ご飯は玄米。

おかずは基本的に1品。

しかも、とっても薄味です。

 

初日はさすがに、「えっ?これだけ?」って思いましたよ~。

でもね、意外にこれは簡単に慣れました。

 

自分の体に聞くんです。

本当に、お腹すいてるの?

本当に、こんなに食べたいの?

  

そうすると、そんなに必要ないってことがわかります。

そして、少量のご飯を、大切に、しっかり味わうことができるようになります。

一口ごとに箸を置き、目をつぶって噛みしめると、食べものの味が本当によくわかる。

 

こうした質素な食事を続けていると、日頃どれほど”目で食べている”のかがわかります。

一口頬ばると、目はもう次を探していて、今口に入っているものをちゃんと味わってなかったりして・・・。 

 

 

しかし、9日目の昼食時のことです。

途中で、ココアケーキが出て来たんですね~。

初めてのスイーツですよ。 

 

すでに、お皿には「自分が満足するだけの分量」のご飯がのっているのに、

もう、目はココアケーキに釘付け。 

 

「聖なる沈黙」中なんで、気がついてる人は少ないぞ。

ちゃんとご飯を食べ終わってから、もらいに行けば大丈夫。

いや、なくなったらなくなったで、それもまた”アニッチャ(無常)”なのだ。

あ、あの人、取りに行った。 

え~、ひとりでふた切れ取ってる~!! 

 

全く平静でいられない自分を発見しちゃいました。

まだまだ修行が足りません。 

 

  

 

10日目、「聖なる沈黙」が解かれ、一斉にみんなのおしゃべりが始まります。

10日間、一緒に修行をしてきた仲間たち。

それぞれの体験談に爆笑しつつ、一気に距離が縮まって、旧来の友のように親しくなっちゃいます。

 

こうして、「ヴィッパサナー瞑想法」という素晴らしい”生きる術(すべ)”と、

掛け替えのない、たくさんの友との出会いを頂いて、

このたびの「内なる旅」は終了したのです。

  

 

久しぶりに吸う”娑婆”の空気は、実に清々しく、光に満ち溢れていました。 

 

修行中に桜は散ってしまいましたが、それも”アニッチャ(無常)、アニッチャ”。 

 

 

水やりを、息子に託したプランター。 

芽を出し始めていたバジルちゃん達、 元気に育ってるかな~? 

 

帰宅後すぐにベランダを見ると・・・

 

 

プランターの土は干からび、バジルちゃん達はすっかり姿を消しておりました・・・。

これもまた、アニッチャ、アニッチャ・・・。 

 

 

 

 

 

その晩、久々に日本酒を1杯。

味覚が鋭くなっているせいか、ものすご~~~~く、美味に感じました!

これ、ホント、うれしい副産物。(プチ断食とかでも、効果あるのかな?) 

 

まだまだ修行は始まったばかり。

今後は、朝1時間、夕1時間、瞑想を続けなさい、と指導されます。 

ムリ、ムリッ! って決め付ける前に、できる限り、続けてみようと思います。(お、素直!)

 

「雑に生きてきたな~」って実感したKOKOは、

「しみじみ生きる」ってこと、心がけたいと思います。

この世はアニッチャ(無常)だからこそ、その時その時を大切に・・・。

 

素晴らしい体験をさせてくださった、全ての導き、全ての支えにありがとう!

 

生きとし生けるものが み~んな 幸せでありますように 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

2011年12月 5日 (月)

YOGA

夢見る冒険少年、少女のみなさん、こんばんは。

今日はとっても良いお天気の日曜日でしたね。

素敵な一日を過ごされましたか?

 

KOKOは今日、青山のYOGAスタジオで、超久しぶりにACO先生のヨガレッスンを受けてきました~。ヽ(´▽`)/

「超初心者対象」のクラスだったんですが、ブランクがめちゃめちゃ長かったのと、やっぱり尊敬するACO先生にお会いしたくて、見つけた瞬間、即申し込んだんですね。(ACO先生のレッスンは、だいたい中級者レベル向けが多くて、ちょっとムリ~って断念してたので。) 

 

で、行って大正解!

やっぱり、ACO先生、最高!!

 

流行にとらわれない、素敵な”ヨガ哲学”みたいなものの本髄を、とってもわかりやすく説明してくださって、本当に素晴らしいんです。

ヨガは、スポーツでも、ストレッチでもなくて、「生き方」なんですね。

 

たとえば前屈。

膝が曲がっちゃダメ、とか、柔らかいのがイイ、とか、グイグイとか、イタタとか、そういうのは無し。

「膝は、曲げるための贈り物。ど~んどん曲げてください。」

 

立木のポーズも、ビシッと立つ、とか、微動だにせず、とか、カッコよくまっすぐに、とか、そんなことは言いません。

「グラグラしてていいんです。カッコ悪くていいんです。たかがヨガの1ポーズ。失敗したからってどうってことないですから。」

 

意識するのは体幹。

口と肛門、上と下の穴を結ぶ「からだの中心」を常に意識しながら動くことが大切です。

 

「ねばならない」「こうあるべき」を一切取っ払って、「頑張らない」「無理をしない」。

力を抜いて、自分の重さを感じること。

どこか強張って、力が入っていた部分に気付き、ふっとそれを手放した時、曲がらなかった身体がしなやかに曲がるようになるから不思議です。

 

「自分は身体が固いから」とか、「ぎっくり腰やったから、絶対無理だわ」とか、自分で勝手に決めてる”限界”も手放せば、可能性はどんどん広がって、できなかったことができるようになります。

 

生きていく上でとっても大切なことを、今日のヨガクラスでたくさん教わりました。

ヨガは「一期一会」

今日このメンバーで、この場所で、このウエアを着て、一緒にヨガをすることはもう二度とないでしょう。一瞬一瞬を大切に、しっかり楽しんで行ってくださいね。

今、「もっと呼吸したかった」と思いながら、”息を引き取った”人が世界中に何人もいます。その人々の分もしっかりと味わうつもりで、丁寧にひとつひとつ、呼吸してみましょう。

 

ACO先生の一言一言が、こころに沁み渡ります。

 

そしてクラスの最後には、この安らぎと感謝を世界中の生きとし生けるものに・・・という、お祈りのような素敵な言葉で締めくくられました。

 

日曜日の昼下がり。

青山の一角の地下室で、とっても貴重な時間が持てたこと、心から感謝します。

 

Yoga

2011年11月22日 (火)

ウェルネス・キネシオロジー

夢見る冒険少年、少女のみなさん、こんばんは!

寒さがだんだん”本気モード”になってきましたね~。

自転車で走っていると、耳がつめた~い!! 

 

KOKOは3日前からお勉強を始めました。

「ウェルネス・キネシオロジー」

舌をかみそうな名前ですが、これ、スゴイんです。

 

からだへのアプローチで、ストレスを簡単に取り除くことができるシンプルな手法ですが、その絶大なる効果には、本当に驚かされます。

 

え?こんな簡単でいいの?ホントに治っちゃった! って感じ。

 

ストレス、って、人それぞれ感じ方が違うし、度合いも様々。

原因となる事柄も、バラバラですよね。

 

で、自分が何に反応しているのか、なぜそれをストレスと感じるのか、めちゃくちゃストレスフルな毎日を送っていたときにず~っと考えていました。

 

自分自身をしばりつけるいろんな制限や、恐れ、ネガティブな想いなどは、一体どこからきているのだろう?なんとかそれを手放したい・・・。

それを解決する方法を模索していたときに、ふと目に付いたのがこのワークショップでした。以前にも見たことはあったのですが、今回は引っかかってきたんですね~。

直観、ってやつですか?

 

VOICE ワークショップ ウェイン・トッピング「ストレスリリース」

           ↑ 動画もありますので、興味のある方は見てみてください。

 

直観には素直に従うべし

ということで、早速申し込み、只今お勉強中、というわけです。

 

KOKOはこれを身につけて、家族や、周りの人たち、それからご縁のあるみなさん、そして世界中の人々、み~~んなの幸せを、ちょっとでもお手伝いできたらいいな~という壮大な夢を描いておりま~す。

 

ONE LOVE

 

One_love