2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

旅行・地域

2012年5月15日 (火)

関西・四国の美味しい旅 ~土佐清水編・その2~

永遠の冒険少年、少女のみなさん、こんばんは!

今日は土佐清水のおいしいお話で~す! 

 

土佐と言えば、かつお~ 

と思うけど、いやいや、それよりもっと凄い奴がいましたよ~!

 

 

じゃ~ん!!

201242551_106

清水さば~!!

おめめ、うるうる~。(カメラ持ったKOKOが目の中に写ってるの、わかるかな~?) 

 

  

清水港まで行って、獲れたてピチピチのさばを一本。

えらのところとしっぽの付け根に包丁を入れて、なにやら細い針金みたいなものを

しっぽの方からツツツーと差しこんで・・・

201242551_089

脊髄の神経を抜いちゃうの。

そうするとね、身が、死んだことに気がつかなくって、いつまでも生きたまんまなんだって。

「おまえはもう、死んでいる~!」って感じ?

 

でもって、ちょっと血抜きをしたら、そのまんま、お腹は開かずに氷とともにクーラーボックスに詰めてくれます。

 

201242551_107 201242551_109

友人は丸ごとのさばを、チャチャッと器用に3枚におろして、お刺身に。

なんと、お腹の中には卵ちゃんが入ってましたよ~!

(内臓もしっかりしてて、プリップリのピッカピカ!)

 

 

  

ふたたび、じゃ~ん!! 

201242551_113

見て、この艶! 

 

さばのお刺身、って、凄いんですよ~。

その、なんつーか、プリッぷりが違うんだ。弾力が。歯ごたえが。

さばのイメージ、変わる、変わる。

こんなおいしいお刺身、今まで食べたことな~い!! 

さば、すごっ!

 

 

 

そして、お腹に入っていた卵ちゃんは・・・ 

201242551_115

バターと白ワインでさっと煮てくれました。

パンセミナーで使ったローズマリーの残りを持って行ったんだけど、

そいつをチョロッと使うところがさすがです。

ん~、おっされ~! 上品に仕上がってま~す!!

 

「ワインを1本開けたらね、そのワインで1品料理を作るといいんだって。」

ほ~ほ~、なるほど~。

素敵なワインの楽しみ方、勉強になります。

 

 

そして、こちらは大潮の日の引き潮の時に採ってきたというトコブシ。

冷凍庫にたんまり、しまってあったのを茹でてくれました。 

201242551_112

友人の家の庭先は小さな農園になっていて、(茨城で有機農業やってたのでプロです。)

付け合わせは、摘みたてのルッコラとパクチー。

ん~、なんという贅沢!

 

とこぶしは、翌日はお刺身で頂きました。 コリッコリ!

そして「たこ焼き」ならぬ、「とこぶし焼き」まで作ってくれたのです!(これがまた、おいしいの。貝のいいおだしが出て。)

とこぶし三昧!

しかも自分で採ってきたなんて・・・。

  

海が近いって、いいですね~。

 

 

 

では、海の幸をもうひとつ。

201242551_150

きびなごです。

 

 

これはちっちゃいので、こうやってさばくんですって。 

201242551_153

わかるかな?

そ。荷造り用の黄色いバンド、あれを輪にして、シュッシュッと。

簡単で、超早い!

 

 

 

じゃ~ん! 

201242551_154 

きびなごのお刺身、できあがり~! 

 

もう、最高っすね。

日本酒が進みます~! 

 

骨はさっと、てんぷらに。

これがまた、絶品! おいしいの!!(旨すぎて、写真撮るの忘れました。 )

あ~、お酒がすすむ~!!  

 

 

 

あとね、これも写真撮る前に食べちゃったんだけど、

201242551_158

きびなごとパクチーと文旦のサラダ。

パクチーた~っぷりで、素敵においしかったです!!

 

 

こちらは、長太郎貝。 

201242551_155

ほたてよりも肉厚で、味も濃~い!

(気がついたと思うけど、何にでも、パクチー! パクチー、大好き!  )

 

 

 

これは、朝のお散歩で摘んできたぜんまいのおひたし。

201242551_121

 

こちらも摘みたてウドの芽と海草のスープ。

201242551_122

 

 

ルッコラと苺のサラダは、やっぱりカメラの前に手が出ちゃった!

201242551_160

バルサミコ酢を煮詰めたソースで和えるんですって。おっされ~!

 

 

これ、み~んな友人が料理してくれたものばかり。

(1日で全部食べた訳じゃないですよ。念のため。)

彼がこれほど料理上手とは知らなんだ。

しょっちゅうお客さんが来るらしく、手際もいいし、ほんと、おいしいんです。

 

 

しかも、エコ。

生ゴミはみ~んな、庭の畑に埋めちゃうのです。

お米のとぎ汁も庭に撒いてました。(そういえば子供の頃、そんなことしてたな~・・・。)

コーヒーを淹れた後、豆(粉)は空きビンに入れて活性炭の代わりに冷蔵庫の脱臭剤に。

フィルターは洗って干して、また使うんです。すごっ!

 

KOKOも見習いましたよ~。

コーヒーフィルター、4回くらい使えます。

(生ゴミは、意外とたくさんで、小さな庭には埋めきれないことが判明。ハエも来るし。 )

 

そして、さっそく、ルッコラとパクチーの種撒きもしました! 

 

ルッコラは芽が出たけど、そこからち~っとも育ちません。 

パクチーに至っては、芽すら出してくれないのです・・・。 

 

ガーデンサラダは、いったいいつになったらできるのでしょうか・・・。

 

 

 

 

まだまだ他にも、土佐清水にはおいしいものがい~っぱいありました!

でもでも、とても書きれませ~ん。  

 

初四国の旅は、ひたすらに美味しい旅でごわした。(って、薩摩?)

 

ヴィパッサナー瞑想修行で、3kgやせたKOKOですが、

土佐清水から戻ったら、みごとに3kg増えておりました・・・。 

 

 

201242551_227_2 201242551_234

201242551_244 201242551_240   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2012年5月13日 (日)

関西・四国の美味しい旅 ~土佐清水編 その1~

永遠の冒険少年、少女のみなさん、こんにちは!

就活中のKOKO、昨日、ついに履歴書を投函しました。 

わ~! これで来週、連絡が来るかどうか、も~、ドキドキです~。

「職務経歴書」って、初めて書いたけど、あらためてパン一筋の人生だなぁ・・・って、我ながら感心しちゃいました。

まだまだ遊んでいたい気持ちと、そろそろ仕事したい気持ちと、ちょっぴり複雑ですが・・・。

 

今のところ、7:3で ”遊び”の勝ち~!(って、まだ遊び足りんのか?!) 

 

 

 

さ~て、四国の美味しい旅のお話、まだでしたね~。

忘れないうちに、聞いてくださいね。  (す~ぐ忘れちゃうからね~)

 

神戸でのパンセミナーを無事に終え、深夜バスで向かったのは土佐清水。

友人の住んでいるのは「布(ぬの)」というところですが、地図で調べたら、なんと、なんと、

電車が通っていませ~ん! 

土佐清水は、小笠原と並んで、日本で一番行きにくい場所、らしいです。確かに~。

 

土佐清水と小笠原、実は繋がってるの。知ってます? 

黒潮で~!

「ニモ」のウミガメ達みたいに、黒潮の流れにのったら、ピュ~ッって2日かからずに小笠原に着いちゃうんですって。(のってみた~い!)

そして、小笠原の開拓調査を行った「ジョン万次郎」は、土佐清水の生まれだったんですね~。びっくり~!!

若いころ、時化で流され、漂流の果てにたどり着いたのが鳥島(小笠原のちょっと東京より)。黒潮にのってっちゃったのね。

 

えへっ!

KOKOは今年、日本で一番行きにくい場所2箇所に、行っちゃったんだ~。 

 

で、バスの停車場所、「中村駅」まで車で迎えに来てくれた友人。

「絶景ポイントで、朝飯喰おう!」

お~!! (◎´∀`)ノ

 

201242551_071

連れて行ってくれたのは、高台にあるホテルの朝食ビュッフェ。

食材は全て地元産。

新鮮な朝どり野菜や果物、生みたて卵に手作りのハム、ソーセージ、お魚や漬物などなど・・・。

ご飯は芳ばしい「香り米」。(これがまた、旨いんだ! しかし、夢中で食べてて、写真撮るの忘れた・・・。 )

 

周りはぐる~っと、海が見下ろせる大きな窓。

遠くの方で、ザッパン、ザッパン、白波を立てているのは・・・

 

くじら~っ!! 

 

しかも8頭くらいいる~! 

「こんなん見たの初めてぜよ~。KOKOちゃん来たの、歓迎しちゅう。」

(って、もうすっかり土佐弁になってる友人。 順応早っ!  )

 

やった~!! ヽ(´▽`)/

 

今年はくじらの当たり年。

小笠原、コスタリカに続いて、土佐清水でもくじらで~す! 

 

 

 

お腹がいっぱいになったところで、ちょっくら観光ドライブ。

201242551_074

う~ん、さすがの絶景! 足摺岬。

 

201242551_078  

山の中腹に、でっかい石がゴロゴロ。

不思議な巨石群は、パワースポットとして注目されてるらしいです。

 

201242551_086

もう一つの絶景ポイント 臼碆(うすばえ)。海が綺麗だな~。

 

201242551_101

そして、違う星に来ちゃったの?って気になる、不思議な光景の竜串。

201242551_096

なんか変なのよ、この岩。丸いのがポコポコはまってて・・・。

 

 

 

あ~、ちょっと長くなっちゃったんで、続きはまた明日。 

土佐清水のおいしいもの一挙公開しま~す!

お楽しみに~!!  

 

 

2012年5月 5日 (土)

関西・四国のおいしい旅 ~関西編~

永遠の冒険少年、少女のみなさん、こんにちは!

GWも終盤ですが、元気に遊んでますか~?

 

KOKOは4月下旬に、神戸でパンセミナーをやらせていただく機会があり、

その前後を利用して、前から行ってみたかったパン屋さん、ケーキ屋さん、

そして土佐清水の友人のところまで、足を伸ばしてきました。 

 

 

 

まずは大阪のパン屋さん。

 

パン屋仲間がみんな、「大阪に行ったら一度は行ってみて!」と、口を揃えて言う名店。

「ブランジュリ タケウチ」

 

201242551_002

移動中、タケウチさんの本「どこにもないパンの考え方」を読みつつ、期待に胸膨らませて訪れたお店。

テントはすっかり色あせてしまってますが、大きな窓から、可愛いパンたちの並ぶ姿が見えて、お~っ!ここだ~っ!!って、テンションあがります~。

目の前が大きな公園、って最高のロケーションですね。

 

思ってたより小さな店内には、所狭しと様々なパンが並んでいます。

開店時間10分過ぎくらいでしたが、もうお客様はひっきりなし。

 

パンがおいしそうに見える、お洒落なディスプレイに

ついつい、あれも、これも、と手が伸びてしまいます。

 

さっそく公園のベンチで、撮影&試食。 

201242551_012

201242551_006_2 天然酵母オリーブ 1日300個の人気がわかる~ ワインがほしい!

201242551_015 アールグレイのクリームパン ふんわり焼きたて、とろ~り美味!

201242551_014 自慢のブリオッシュ生地は甘さ控えめです~っと溶ける感じ。

201242551_021 小さなペッパーシンケンサンドの白パンは超もっちもち! 

 

どれも、これも、本当に丁寧に作られた、完成度の高いパンばかりです。

 

こんなパン屋さんが近所にあったら、

 

・・・・・・ 

 

・・・・・・ 

 

 

やばい、かも・・・・・。 

  

一通り食べてから、もう一回、買いに行ってしまいました~。 

 

201242551_023_2

焼きカレーパン、栗のリュスティック、ナッツのタルト、けしの実あんぱん  どんだけ食べるの?

201242551_026 けしの実あんぱんの粒あん、めっちゃおいしかった~!!

 

 

 

そしてもう1件。

憧れのパティスリー、「エスコヤマ」へ 

 

「カンブリア宮殿」や「情熱大陸」でも紹介された、今、注目の小山進シェフ。

フランスの、チョコレートのミシュランと言われる「サロン・ドゥ・ショコラ」で

最高の5タブレット(5つ星)を獲得した実力派です。

しかも、海外修行の経験が全くないという、純国産派パティシエ(?)。

生まれ育った京都の伝統的素材を使ったショコラは、「斬新で繊細な味わい」と、

本場のフランス人をも魅了してしまったのです。すごっ!

 

これはもう、是非ともこの舌で味わってみたいですよね~~~!! 

 

そして、村上龍さんも大絶賛のロールケーキ。

これ、ぜ~ったい食べてみたくって、はるばる新三田まで行ってきました!

 

201242551_040

 

大阪から新三田まで1時間余り。更にバスに乗って20分位かな~?(交通費、大阪から片道1010円!)

遠かったです。 はい。 

 

でも、行った甲斐がありました。

 

すごいです。(村上龍さんも、一口食べて、「すごいね、これ。」って、小池栄子さんに言ってました。)

 

普通の「おいしい」を遥かに超えた、想像以上のおいしさです!!

 

201242551_045

 

その生地の食感は、いまだかつて味わったことのない、超スペシャル~なものでした。

しっとり、ふわふわ、軽やかな、柔らかい、なめらかな、口どけがいい・・・

 

あ~!!!     

 

もう、そんな言葉じゃ表わしきれないくらい、感動のロールケーキ!!

 

このロールケーキは、この新三田(本店)でしか買うことができない、

賞味期限1日だけの超レアものです。

 

いや~、ホント、すごいわ、これ。

 

 

 

201242551_046

そして、フランスが認めたショコラの傑作

「DNA京都 2011」のひとつ、「一休」(大徳寺納豆)も頂きました。

大徳寺納豆とショコラのコラボレーションなんて、誰が想いつくでしょう?

大徳寺納豆のしっとりとしたコクのある塩味が、チョコレートの奥行きのある味わいを引き立て、融けあい、素敵な余韻を残す・・・・。 は~・・・ 

 

恐れ入りました~! 

 

201242551_029

 

「エスコヤマ」は素敵なお菓子の国。

美しい花や緑があふれるお庭には・・・

 

201242551_039 201242551_037 201242551_033

可愛らしい銅人形が点々と置いてあって、子供たちばかりでなく

大人の遊び心をもくすぐる、とっても楽しい演出が随所に施されています。

いくつもある、広~い駐車場がいっぱいになるのも頷けますね。

 

若き後進を育てることにも、と~っても熱心な小山シェフ。

近頃、年のせいか、洋菓子に興味の薄れていたKOKOですが、

小山シェフの生み出すお菓子の世界、ちょ~っと目が離せないかも~・・・。

  

  

 

この日食べたのは・・・?

そう、パンとケーキだけ。 

 

おとな、なんで、そんな日もありです。 

 

  

 

2012年2月20日 (月)

日本は・・・!!

永遠の冒険少年、少女のみなさん、お久しぶりです~~!!

 

3週間の「中米プチ冒険旅行」を終え、無事に日本へ帰ってきました。

 

 

日本に着いて感じたこと。

 

まず、寒い~! 

時差ボケと寒さで、ひきこもりになりそうなKOKOであります。

 

20122_sentoro_america_830_2 

 

そして次に、水に恵まれた国だな~、ってつくづく思います。

 

水道をひねれば、そのまま飲める美味しいお水がたっぷり出てくるし、

トイレの水も、もったいないくらいの勢いだし、

あったかいシャワーも、本当にたっぷりの水量。

そしてなにより、湯船に浸かれるっていうのは、最高の贅沢!!

 

これが日常になると、あたりまえって思っちゃうけど、

こんなに使わなくても、十分に暮らせるのに、って、今は感じます。

 

それから、日本は明るい~! 

 

海外へ行くといつも感じるのが、室内の照明が暗いこと。

老眼の進んだ冒険少女は、夕方以降、ガイドブックが読めない、日記が書けない、

で、寝るしかないのです。(日中、遊びすぎて起きてられないってのもありますが・・・)

  

レストランもめっちゃ暗い。

20122_sentoro_america_1141_2 

で、メニューが全く読めません。(あ、スペイン語だから、ってのもあるけど・・・)

 

日が昇れば活動し、日が沈めば休む。

そんな自然のリズム、忘れちゃいますよね、こんなに明るくちゃ。

 

「百万人のキャンドルナイト」

毎週やったら、どんだけ省エネになるんだろ?

 

 

 

日常を離れて、異文化、異空間に旅することによって得られる”気づき”は貴重です。

いろんな「当たり前」が通用しない世界で、自分と向き合うのが面白くて、

やっぱり旅はいいな~、素敵だな~って思います。

 

さて、今回の旅はコスタリカから入り、ホンジュラス、グァテマラ、ベリーズを周って、

メキシコ(カンクン)から帰るというルートをとりました。

 

ジャングル探検(珍獣ハンター!)、マヤの遺跡巡り、そしてダイビング(ついにカリブ海デビュー!憧れのセノーテダイビングも!!)と盛りだくさん。

おいしいものも、そうでないものも、いっぱい食べました。

 

これからブログで、ちょびっとずつ、お話していきたいと思いますので、お楽しみに!!

2012年1月25日 (水)

旅へ

永遠の冒険少年、少女のみなさん、こんばんは!

KOKOは明日から3週間、旅に出ます。

 

ずっと行きたくて行けなかった、カリブへ、潜りに行ってきま~す 

 

「後悔しない人生を送る」

実行あるのみ、です。

 

旅は”プチチャレンジ”の連続。

ますます成長しちゃいますよ~!!

 

帰国したら、旅のお話、聞いてくださいね~

2012年1月13日 (金)

小笠原で朝YOGA

夢見る冒険少年、少女のみなさん、おはようございます!

今朝もよい天気、お外はキンキンに冷えてますね~。

洗濯物を干しながら、凍ってしまうのではないか(洗濯物じゃなくて、自分がね)と心配しましたが、南極観測隊のことを思ったら、大したことないな~、とちょっと安心しました。

 

さて、さわやかな毎日の始りを「朝YOGA」で迎えることが習慣化したKOKOちゃんは、小笠原でもしっかり、YOGAってきましたよ~。

いつもは小さなお部屋の中ですが、小笠原では、通称「前浜」と呼ばれる大村海岸の浜辺で、朝日が昇るころに、その朝日に向かって「太陽礼拝のメドレー」です。

 

310

 

312 

 

上を見れば、どこまでも青い空・・・・。

 

099

 

目の前には、透き通った波が打ち寄せ・・・。

 

314

 

やさしいなみの音・・・・。

海風がからだに心地よく吹きつけます。

  

しかも、こんな素敵な場所に、人がいないんです!

(いても、ポツリ・・・・、ポツリ・・・・・。) 

こ~んな最高のロケーションでYOGAをやったら、

それはもう最高の気分!   

  

そして、それは帰宅後の「朝YOGA」にも、とっても素敵な影響を残してくれています。

 

そう、”イメージ”。

 

手をのばせば、届きそうな天井ですが、そこには青い青い空が・・・。

目の前は、サッシの窓ですが、そこには透明な海が・・・。

 

小さな部屋の囲いを超えて、イメージは、大きな地球へとつながっていきます。

 

小笠原の、形のない、素敵なお土産です。

 

2012年1月11日 (水)

小笠原からもどりました!

夢見る冒険少年、少女のみなさん、お久しぶりです!

あ、あけまして おめでとうございます! ですね!! 

 

KOKOはクリスマスから小笠原で過ごし、新年もあちらで迎えるという、とっても贅沢なチャレンジをしてきましたよ~! 

 

今年も1年、元気に、いろんなことに挑戦しながら人生を楽しみたいと思います。

 

134

水平線に沈む夕日(ウェザーステーションから)

夕日がこんなにきれいに見えたのは、この日1日だけ。

このあと、空はこんな風にきれいに焼けて行きました。

  

  

148 

 

小笠原で過ごした時間は、KOKOにとって、とっても大切な心の栄養です。

 

 

2011年12月 7日 (水)

ダブルフィンのシャチは潮を吹いていた!

夢見る冒険少年、少女のみなさん、こんばんは!

だんだん寒さが本格化。今日の我が家は、この冬初めての暖房を(一瞬だけど)入れちゃいました。

でもでも、もう12月なんだから、なんだかちょっと変?あったかいのは嬉しいけど、手放しでは喜べない、複雑な感じ・・・・。

 

さて、昨日は冷たい雨の中、はるばる墨田区の公共施設まで行ってきました。

 

「すみだ区環境ふれあい館」で開催されている、「海のグレートジャーニー展」

http://www.city.sumida.lg.jp/kakuka/kankyouta/kankyo/info/kikakuten.files/kikakutenweb.pdf

 

「グレートジャーニー」で有名な探検家、関野吉晴氏。ご存知ですか?

アフリカで誕生した人類が、アメリカ大陸まで拡散していった約5万3千キロの行程を、自分の脚(自転車、徒歩、犬ぞりなど)と腕(カヤック、ヨットなど)だけの力で遡る旅を10年余りかけて成し遂げた、素敵な冒険家です。 

「冒険」「挑戦」という言葉にワクワクしちゃうKOKOは、関野さんの大ファン。

関野さんは墨田区出身ということで、探検資料室が常設されているんですね。

 

グレートジャーニーで実際に乗っていた自転車やカヤック、犬ぞりやテントなども置いてあって、あ~、なんかすごいな~。

サドルのカバーが破れてたりして、生々しい。

内緒でちょっとさわってみました。ううっ、感動!

 

中でも、ベーリング海峡を渡った時の黄色いカヤック。

地元原住民の人が描いてくれた、航海の守り神「ダブルフィンのシャチ」の絵が生で見られるなんて、ホント、感動です!

 

そして、そのシャチが、潮を吹いていたなんて、知らなかった~!

 

あ~、いいもの見せていただきました。ありがとうございます。

明日を生きる勇気が湧いて来ますね。

 

Wfin

これ、描くのめっちゃむずかしい・・・。

 

2011年11月16日 (水)

小笠原LOVEⅡ

夢見る冒険少年、少女のみなさん、こんにちは!

 

今日は小笠原から持ち帰った島レモンで、ジャムをつくりました。

 

Photo

小笠原から戻ってすぐに作ったとき、めっちゃめちゃおいしくって大感動!

で、もう一度、トライです。

 

島レモンは、いわゆるレモンとはちょっと違うものらしいのですが、本当に、素晴らしくおいしいジャムができるんです。(お土産にも売っていますが、それは食べたことがありません。たぶん、私が作ったもののほうが、きっとずっとおいしいと思う・・・。えへっ)

友人に送ったら、「焼酎のお湯割りに入れておいしかった~」ですって。

 

今日はもうひとつ。

母島でもらってきたヤシの実を割ってみることに挑戦!

Photo_2

鉈とかはないので、ノミでチャレンジ!

Photo_3

なんとか成功!

削り取った中身をどうしようか、これから調べるところで~す。

初めてする「なにか」って、ワクワクドキドキ

 

小笠原の恵みに感謝!

Photo_4

ハカラメちゃんも、元気に育ってます。

 

 

2011年11月11日 (金)

小笠原LOVE

夢見る冒険少年、少女のみなさん、こんばんは! 

 

今日は、小笠原のおはなしです。

 

先月、勤め先を退職して、現在充電中の私ですが、あこがれの小笠原へ行って参りました。世界自然遺産になったから、という訳ではなく、なんとなく、呼ばれたんですね。

小笠原って、ご存知の方も多いと思いますが、船で25時間半もかかるんです!(゚ー゚;

しかも、「おがさわら丸」の就航にお休みが合わないと行かれないし、6日サイクルなので勝手な予定は立てられないし・・・・。サラリーマンの状況では、なかなか行くのが難しい場所ですね。

で、辞めると同時に行ってきちゃいました~!ヽ(´▽`)/

201110_016

ボニンブルーの海!最高です!!

 

いつもはスキューバダイビングに行っちゃうところ、今回はどうしてもイルカと泳ぎたくて、スキンダイビングに挑戦しました。

「たびんちゅ」というショップのスキンダイビングツアーに参加して、なんとか基本はマスターしちゃいましたよ~!(^v^)v

 

☆「たびんちゅ」スキンダイビングツアーはこちら☆

 

しかし・・・。

対象年齢 中学生~50歳  ええ~っ! 

なんとなんと、こんなところでふるい落とされるなんて・・・・。 

 

でも、冒険少女はこんなことではくじけません!

現在、52歳ではありますが、ぎりぎりセーフの50歳とサバ読んで申し込みをしたのでした。

 

先方からは、「結構ハードなツアーなので、体力的に大丈夫か再度ご検討ください。」的な(もっとやんわり優しい口調ですが)返信メールが来ましたが、そこはまあ、押しの一手でお願いしちゃいました。

50代って、ホント、人によってぜ~んぜん違いますからね。いつまでも、若い人と同じように遊びたかったら、体力、気力は大事大事。からだ、動かしましょう!!

結局、スキンダイビングツアーはものすご~~く楽しく、自分でもびっくりするくらいの上達ぶりでした。(インストラクターが素晴らしいんです!)

 

Photo

 この中のひとりは、私です!

 

イルカと一緒に泳ぐ夢は叶いませんでしたが、海と戯れるもう一つのスキルを学んで、KOKOは大満足! 

忘れないように、市民プールに通おうかな?と考え中で~す!(考えてないで、実行しなくちゃ、ね~。)

  

小笠原の旅から戻って、なんだかず~っと島のことが頭を離れません。
これって、もしかして・・・・。

 

恋?!

 

あ~、なんとも懐かしいこの響き。

近頃、地球の男に飽きた(お~、古いフレーズ!)KOKOちゃんは、ついに、島に恋してしまったのでしょうか??

はい。

そしてまた、12月に会いに行くことにしちゃいました。うふっ