2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2014年1月 6日 (月)

あけまして おめでとうございます❤

 新年明けまして おめでとうございます。

 

みなさま、どんなお正月をおむかえになりましたか?

今年は元旦が新月。

元旦が新月にあたるのは、およそ19年に一度のこととか・・・。

新月の願い事をノートに記し、

2014年は、特別に新たな気持ちを持って、一年のスタートです。

 

20131231201411_007

今年一年、皆様にとって素敵な年になりますようお祈り申し上げます。

 

また、相変わらずボチボチですが、パンと戯れる時間を共有させて頂ければ幸いです。

KoKo's Ovenを、今年もよろしくお願いいたします 

2013年2月 1日 (金)

人生は素敵なメリーゴーランド

随分と長いことブログを更新していませんでした。

年明けから、ちょっぴり悩んじゃってた自分がいて、せっかく始めたパン教室も

なんとなく次の展開が見いだせずにいたのです。

(告知をチェックに来てくださった方、本当にごめんなさい!)

 

一体自分は何がやりたかったんだろう・・・?

 

今さら?って思いますよね~。

今さら、なんです。はい。

 

 

大好きなことをして、楽しく、豊かに生きて行きたい!

 

 

幸い、大好きなことはわかっています。    

では、それをどう展開して行ったら、楽しさ、豊かさにつながるのか・・・?  

 

 

年頭に、今年はどう生きて行くのか考えた時、何かもっと社会とコミットしたい、 

自宅教室だけでは世界が狭すぎる、もっと何か広がる世界と繋がりたい、

(隠居生活にはまだ早すぎる!)って、そう思いました。

 

現実問題、雇用保険の支給が終わった今、なにがしかの稼ぎがないと・・・

という焦りもありまして、就活を始めてみたのです。

 

で、新進気鋭の若手フランス人シェフ率いるお洒落なブーランジェリー(この辺が私のミーハーなとこ?)に応募して、見事採用決定!

ところが、採用が決まったとたん、何だか本当にこれで良かったのだろうか?

また何か遠回りをしてしまっているんじゃないか?

って、ものすご~~~くもやもやし始めちゃったんです。 

 

 

そんな折、昔からお世話になっているある知人から、素敵な出会いの機会を頂きました。

それはまるで、仕組まれていたかのように、ベストなタイミングで、

しかも、私が最も関心があり、やりたかったことそのものへの取り組みのお話です。

 

これはもう、神様の粋な計らいとでも申しましょうか。

 

あぁ、私のやりたかったのはこれだったんだ、って、

大切な使命を思い出したような気がしました。

 

「食べること」で こころとからだを 健やかに育む

 

これが、”パンづくり”を通して、私が伝えたいこと。

 

「薬膳パン」という形で、それを表現して行こうと考えています。

 

 

具体的なことはまだまだこれからですが、

ひとまず、都心のパン屋さんへの就職は辞退して、自分らしい展開を始めます。

 

 

 

2月1日、新しい朝に引いたカードは「Alice in Wonderland」

 201321_032

ラッキーチャンスのカードです。

巡り来たこの幸運にのって、人生のメリーゴーランドを楽しみます!! 

 

 

2月はパン教室も開催しますので、是非遊びに来てください!

詳細は近日中にアップします!

 

2012年9月 9日 (日)

KOKO's Oven 本日開店!

お久しぶりです!

みなさま、お元気ですか?

冒険少女は、やっぱり「パンの道」で楽しく生きて行こうと、夢の実現実行中です。

今、自宅パン教室開催に向けて、少しずつですが、動いています。

 

今日は、8月に注文してあった大きなダイニングテーブルが納品されました。

 

201299_006

 

小さな空間に、大きなテーブルが入って、我が家の景色が変わりました。

(今まではテーブル無しの生活。「家族団欒」なんてないし・・・って思ってたので。)

「分かち合いのテーブル」と名付け、これから大いに活用していきま~す。

 

 

今日は、息子の注文で、

「おいしいバターにはまっている不動産会社の社長さん」へ

お世話になったお礼に、と、

「おいしいバターがさらにおいしく楽しめるパン」を送りました。

 

201299_003

今日は私のお誕生日だから、

KOKO'sOvenの初仕事ってことで。

 

2012年6月23日 (土)

VIRON

永遠の冒険少年、少女のみなさん、こんにちは!

ちょっと蒸し暑い日が続いていますが、元気に冒険してますか?

 

KOKOは21日、「VIRON」というパン屋さんをつくった西川社長のお話を聞きに、西葛西の「パン技術研究所」まで行ってきました。

 

Viron

「VIRON」は渋谷にある超有名なパン屋さん。

「レトロドール」というフランスの小麦粉を使い、完壁フランスチックに展開をされているお店です。

2階はブラッスリー。

以前、「ソロモン流」で、かの有名な松戸のパン屋さん「Zopf」の伊原シェフが、船越さんを招待したのがここですね~。

伊原シェフは、VORONのバゲットを大絶賛。「ぶれない味」と評価していました。

 

今でこそ、「美味しいパン屋さん」の筆頭に挙げられるVIRONですが、ここまで来るには、とてつもない苦難の道があった、っていうのは、パンラボのブログを読んでて初めて知りました。

これはもう、KOKOがウダウダ話すより、是非ともその記事を読んでみてくださ~い。

 

パンラボ VIRON 西川社長のインタビュー記事はこちら

 

パンラボ VIRONのブーランジェリーエグゼクティブシェフ牛尾さんの記事はこちら

 いきなりキーホルダーの話が出て来ますが、スクロールすると、牛尾シェフのインタビューになります。

 

で、今回はそんな苦労話も織り交ぜつつ、”これからのパン屋の在り方”みたいなお話を熱く語ってくださいました。

 

「クオリティーの高いものをつくり、適正な価格で売る」

「オンリーワン、かつ、ナンバーワンになる」

「儲かる仕組みで 儲ける」

 

「経営セミナー」なんかで良く聞くフレーズみたいですが、それを実現させるっていうのは並大抵のことではありませんよね。

 

VIRONのバゲット  1本 336円。

これが、”適正な価格”であるかどうかは、「価値観」とのバランスもあり、一概には語れないでしょう。

東京の、渋谷の一等地で、圧倒的大多数の顧客が望めるその場所でなければ成り立たない商売、かも知れません。

(実際、ハレのパンで、ケのパンじゃないと西川社長は言われてました。)

  

お客様は「価値」を感じれば高い価格でも喜んで買ってくださる。

その「価値」を、わかりやすく伝える手段が「ブランド」、という訳です。

 

西川社長はその「ブランド」を築き上げるために、徹底的に頑張ったのですね。

「本物のバゲット」という「価値」を徹底的に追及し、実現したのです。

 

  

最高の状態を提供するために、1日12回以上 焼き上げる

売れ残ったら捨てる

できが悪ければ捨てる

 

オープン当初は、なんと、1日300本以上のバゲットが捨てられていたとのこと。

「ブランド」構築のために・・・。

 

 

かくして、VIRONは確固たるブランドを築き上げ、月420万の家賃を払っても尚、

しっかりと利益の残せるパン屋として成功したのです。

(パン職人の労働時間が10時間、週休2日っていうのはスゴイです。パン業界、労働環境めっちゃ悪いのが現状ですから・・・。)

 

西川社長は更に、北海道美瑛町に農場を持ち、小麦作りや乳製品作りも始めたそうです。

 

日本のパンを、日本のパン業界を、更に盛り上げ、発展させて行きたいと、様々な取り組みもされています。

 

1斤88円という大手メーカーの価格破壊によって、自らの首を絞めている日本のパン業界において、西川社長の存在、VIRONというパン屋の展開は本当に頼もしく、希望の星に思えます。

 

パンという素敵な食べものが、本当の意味で日本の地に根差すこと。

そして、パン職人という素晴らしい生き方が、もっともっと誇りに思える仕事として成り立つこと。

パンを心から愛するKOKOの願いでもあります。

 

 

 

そして、願わくば、捨てられるパンたちの行く末にも、もっと目を向けてもらえたら、と思うのは私だけではないでしょう。

世界中の食べものが手に入る、世界一贅沢な国、日本。

VIRONばかりでなく、どれほどの食べものが、その「経済」のために捨てられていることか・・・。

 

300本のバゲットで何人の飢餓が救えるか、考えるべき時は来ている、と思いませんか?

 

 

2012621_002

     さすが、VIRONのバゲット、めちゃうまいです!

 

 

 

 

 

 

2012年6月 6日 (水)

生ごみの行方

永遠の冒険少年、少女のみなさん、こんにちは!

最近、KOKOは、朝目が覚めるとすぐに行きたくなっちゃう場所があります。

 

トイレ?

そうそう。やっぱ、年とると、トイレが近くなるもんね~

って、そうじゃなくてっ! 

 

 

そうじゃなくて・・・。

 

 

 

 

正解は、ベランダで~す!

 

今年はプランター菜園、いろいろ植えてて、育ち具合を見るのが楽しみで。 

(やっぱ、年のせい?)

 

201262_002

「根芽出~る」の効果あってか、パクチーちゃんは芽を出し、順調に育っています。

 

プチトマトも

201262_004

 

シソも

201263_003

 

ルッコラも

201263_002

 

日に日にすくすくと大きくなって、可愛いのなんの。

いや~、こんなにも植物が愛おしく思えるなんて・・・。

(ほら、やっぱ老境の域に達したんだって? いや、ちが~う! \(*`∧´)/)

 

 

土に触れること、植物を育てることって、本当に楽しい!

仕事に追われてた頃は、そんなゆとりはなかったけど・・・。

ささやかだけど、なんだか、とっても幸せ気分なのです。 

 

今、この瞬間の「しあわせ」に気付けてるって、素晴らしいでしょ? 

 

 

 

それからそれから、最近、生ゴミを土に返す運動を始めました。(ひとり、だけど。)

 

我が家には、ネコの額ほどのホントに小さな小さなお庭があって、

一応、芝生が植わっていたんですが、マンションの盛り土ですから、質が悪いんですね。

引っ越してきた時は、喜び勇んで枝豆を植えたんだけど、消滅してしまったの・・・。 

それから、お庭に直接種撒いても、全然ダメってことがわかり、プランター栽培にしたのです。

 

でね、四国の友人が庭に畑を作ってて、生ごみは全部、そこに埋めてたのを思い出し、

一応土があるんだから、ダメ元でやってみようかな、って。

 

最初はコバエがいっぱい来たから躊躇したけど、

なんか、結構すぐに土にかえるって言うか、

良く見ると、ナウシカのオウムみたいに、団子虫がわんさか出てきてゴミを食べてくれてるみたいなんです。

ミミズも増えてきたし・・・。

 

いいんじゃな~い? 

 

 

それから順繰りに場所を移しながら、生ゴミ埋め立てを続けています!

  

生ゴミを燃やせるゴミに出すと、焼却にエネルギーがかかるし、CO2が排出されるし、

有料ゴミ袋代もかかる訳だから、一石三鳥とでも申しますか、いいことづくしなんです!

 

おまけに、カビを生やしちゃったパンとか、息子の食べ残しとか、

「もったいな~い!」って思って、ムリして食べちゃう(!)こともなくなったし・・・。 

 

 

「土」が身近にあることで、いろんなことが学べます。

 

  

 

201262_007

埋め立てた土から、ジャガイモの芽が出て来ました。

自然の力って、すごい、ですね。 

 

 

  

 

2012年5月28日 (月)

島じまんフェア2012

永遠の冒険少年、少女のみなさん、こんにちは!

昨日はとってもいいお天気の中、竹芝桟橋で行われた「東京愛らんど 島じまんフェア2012」に行ってきました!

2012527_010

小笠原に住む友達からの情報ですが、こんなフェアがあったなんて、去年まではま~ったく知らないKOKOでした。

世の中には、まだまだ知らないことがい~っぱいです

 

2012527_004

会場はこ~んな感じで大賑わい。

伊豆諸島の島々、小笠原、それぞれのブースで、ご自慢の物産が売られていて、どこもかしこも行列が。

舞台では、パックン・マックンの司会でいろんなイベントが繰り広げられていましたよ~。

 

2012527_001

これは大島の手こねずし。(小笠原のブースに島寿司はなかったの・・・。)

島寿司も、島によっていろいろあるんですね~。でも、みんな”づけ”なのは共通です。

日曜日だし、お祭りなんで、ビ~ル、ビ~ル~!! 

 

12時から始まった「さかなくん」のトークショー、最高でした。

模造紙にスラスラとお魚の絵を描いてのクイズ。

その絵のうまさにびっくり!

解説の面白さににっこり!!

人柄のやさしさにほっこり!!!

いや~、さすが、さかなくん、素敵です~! 

 

でも、人気者すぎて、なんと撮影禁止!   でした。

2012527_007

で、こちらはクイズに正解した「さかなくんJr.」です。

 

他にも、椿染めやシーボーンアート、レイ作りやタコの葉細工などなど、いろんな体験イベントもあって、みなさんそれぞれ、すご~く楽しんでいました! 

 

 

さかなくんが、トークショーの最後にこんなことを言ってました。

 

「この素晴らしい地球を守るために、今すぐできる3つのこと」

 石鹸を使いましょう

 食べものは、感謝していただきましょう

 ものを大切にしましょう

 

 

大好きなお魚のことを突き詰めて行くと、やっぱり地球環境の大切さに気付かされるんですね。

さかなくんのお話は、子供にも大人にもす~っと沁み入る、やさしい素敵なお話でした。

 

034_2   

 

地球がいつまでも美しい星のままでありますように。  

 

 

2012年5月22日 (火)

ここ最近のチャレンジたち

永遠の冒険少年、少女のみなさん、こんにちは!

 

昨日の金環日食、見えましたか~?

KOKOの住んでる町田は曇ってて、途中、雨まで降り出しちゃったけど、それでもちゃ~んと見えました!

2012521_0211

雲がかかっていたおかげで、普通のデジカメでもリングを写すことができました~。 

 

壮大なる宇宙の営みが、この地球に素敵な波動を送ってくれていることに感謝です! 

 

 

 

 

さてさて、近頃ブログの更新が疎かになっていますが、KOKOのプチチャレンジは日々続いております。

 

最近のチャレンジは、自家製酵母と野菜づくり。

 

天然酵母とのお付き合いは、もうかれこれ26年・・・。

その間、いろんな酵母ちゃんとお付き合いしてきましたが、近頃は「あこ酵母」一筋でした。

簡単で、安定してて、圧倒的に美味しいパンが焼けるので、もう、余計なことはしなくてもいいやと思っておりました。

 

しかし、あこ酵母の特徴である「クセがない」ってとこに、ちょぴっとだけ物足りなさを感じてたんですね。

で、まあ、今は時間があるので、初心に帰って酵母づくりにチャレンジしてるって訳です。

 

2012522_007

これはレーズン酵母を全粒粉で培養してるところ。

 

2012522_006

こっちはライサワーを起こしてるところです。

 

 

1998年、未だ「天然酵母、自家製酵母」という言葉がこんなに普及していなかった頃、家庭でできる天然酵母パンの作り方、自家製酵母の起こし方を載せた「KOKO'sOVEN」というHPを立ち上げました。

(PCも、今ほどには普及していなかった時代です。今思うと、独学でよくやったな~と・・・。伝えたい気持ちが大きかったんですね。)

 

あれから14年。

今ではすっかり市民権を得た「天然酵母」。

いろんなパン屋さんが、いろんな酵母でいろんなパンを焼いて、ホント、日本は世界一美味しいパンが食べられる、と~っても幸せな国になりました!(クープ・ドゥ・モンドでも優勝したしね。

この10数年で、日本のパンはもの凄~い進化を遂げたと思いませんか?

そして、さらに、進化し続けていますよね~。

 

で、KOKOは今一度、原点に返って、一から起こす酵母づくりにチャレンジしてみたくなっちゃったってわけなんです。

 

レーズン種がおいしくできたらカンパーニュに。

ライサワーがうまくいったらドイツパンにチャレンジです! 

   

 

それからそれから、これは今気づいたけど、酵母づくりと同じラインで、野菜づくり、です。

 

パンも野菜も、種撒いて、芽を出して、育って行く、このプロセスが楽しいんですよね!

 

2012522_014 2012522_013 2012522_012 

プチトマトと、しそと、バジルは、今のところ順調です。(今のところ、ネ。)

 

2012522_009

これはルッコラ。

土佐清水の友人の庭にあって、毎日、パクチーとともに贅沢に食べていたルッコラ。

帰京してさっそく種を撒いたのに、ち~っとも育たず(パクチーは芽すら出さず)、先日、メールでSOS。

 

友人の教えてくれた秘策が「メネデール」。

 

「メネデール」って、芽、根、出~る??? 

 

なんとも素敵なネーミングの植物活力素、です。

(このメーカー、メネデール株式会社っていうの。すごっ! ちなみに、化学合成された薬剤ではないので安心して使えます。)

 

友人の助言で、ちょっぴり本格的になったプランター栽培。

パクチーの発芽までは、少々時間がかかるようですが、今年の夏は本格タイ料理が楽しめることを大いに期待しちゃってま~す!!

 

 

 

2012522_024

             おまけ ☆ アボガドの種です。芽が出るかな~?

 

 

 

 

 

2012年4月23日 (月)

野菜三昧

永遠の冒険少年、少女のみなさん、こんにちは!

ちょっぴり寒い雨、ですね。

もう一度、種をまきなおしたバジルちゃんたちも、なかなか芽を出せずにいるみたい・・・。 

 

さて、昨日は時折小雨の降る中、千葉県八街市の畑へ遊びに行ってきました。

2012422_037

 

「エコファーム アサノ」って、ご存知でしょうか?

レストラン向けに、めずらしい野菜を多種類作る、その筋では超有名な浅野悦男さん。

(あの、「情熱大陸」に出演されたこともあるらしい。見たかった!)

 

その浅野さんに師事して、やはり多品目(年間150種類!)のちょっぴり変わった野菜づくりにチャレンジしている栗田さんは、まだ30代前半の可愛い青年です。

2012422_024

今は、アサノファームの片隅を借りての栽培ですが、今年秋には、実家の近く、四街道に自分の農園を作る予定で、着々と準備を進めているそうです。

キッチンはもちろん、ピザ窯や燻製小屋なども作って、畑を取り巻く「食」の体験スペースをつくるのが夢、という栗田さん。

「石窯造ったら、是非、パン焼かせてください!」ってお願いしておきました。 

  

 

栗田さんのHPはこちら

kiredo

 

  

畑で、いろ~んな野菜の話を楽しげに語ってくれる栗田さん。

抜きとったばかりの野菜を、その場で食べるこの贅沢!!

 

「小さな子供を連れてくると、バクバク食べるから面白いですよ~。」って言ってました。

「野菜嫌い」って、本当においしい野菜を食べさせていないせい? ですよね。 

 

 

実は、ここへ来る前に、東金駅近くにあるイタリアンレストラン「La traversina」で、アサノファームの野菜を使ったおいしいランチを食べたばかり。

お腹いっぱいのはずだったけど、また、畑でバ~クバク、野菜食べちゃってました! 

 

 

 

いろんなめずらしい採りたて野菜をお土産に頂いて・・・。

今日いっしょに来れなかった家族の夕飯は、春の「野菜三昧」です。

 

2012422_020_2  2012422_022_2

食べきりサイズが可愛いミニ白菜と、アクの少ない、生食用の春菊は・・・

2012422_041

オリーブ油、塩とレモンであえ、パルミジャーノを散らしたサラダに。

 

 

 

2012422_023_2 2012422_033

驚きの甘さと瑞々しさのフルーツカブ。ルッコラのお花も、しっかりルッコラの味がするのです。

 

2012422_038

フルーツカブは、もう、そのまんまが一番。

ルッコラは、独特の風味を活かして、さっぱりサラダに。

 

実はカブ好きのKOKO。いつもリンゴみたいに丸かじりしちゃうのですが、このフルーツカブにはホント、びっくり!

皮目の部分をむいて食べると、本当に果物のように甘くってジューシー!

カブだって言わなければ、絶対わからないくらい「フルーツ」です。(「カブの味」って、皮の方にあるんですね~。)

 

 

2012422_043_2

赤カブとミニダイコンのスープ。

葉っぱはベーコンといっしょに炒めものに。2012422_040

 

2012422_032

「菜の花」と一口に言うけれど・・・

 

2012422_034

これは、みず菜の菜の花。

2012422_036

こっちは、小松菜の菜の花。

他にも、カブの菜の花、ダイコンの菜の花・・・。

いろいろあるんですね。

そして、みんな、それぞれ、味が違うんですって。

 

 

「葉野菜は、60度くらいのお湯でゆでる」って、知ってました?

沸騰したお湯じゃなくて、60度くらいで、少し時間をかけてゆでるのがおいしいんですって。

KOKOも半世紀生きてきて、初めて聞きました。 

世の中、まだまだ知らないことがいっぱいある~!!

 

2012422_039

で、そうやって茹でた菜の花のパスタ。 

菜の花の歯ごたえ、風味がしっかり残ってて、おいしかった~! 

 

 

本当においしい野菜は、シンプルに調理しただけで立派なメインディッシュになります。

 

お肉や魚がなくっても、大満足の「野菜三昧」。

ちょっぴり食べ過ぎても、あんし~ん! の”ウレシイごはん”です。

 

四街道の農園、楽しみだな~・・・。  

 

 

 

 

 

2012年4月19日 (木)

鎌倉 花散策

永遠の冒険少年、少女のみなさん、こんにちは!

昨日はとってもいいお天気でしたね~。

で、KOKOはふと思い立ち、ちょっくら鎌倉までお散歩に行ってきました。 

 

お寺巡りというよりは、お花めぐり、かな?

 

2012418kamakura_005_2

桜はそろそろおしまいですが・・・

 

2012418kamakura_006

久しぶりに見たシャガの花。白鷺のようで美しいです。

 

2012418kamakura_007

山吹色の山吹。KOKOが子供のころは、もっと身近にたくさん咲いていた様な気がするな~。

 

2012418kamakura_008

円覚寺の苔むしたお庭に咲く菫。高尾山の菫より、ずっと濃い目の紫です。

 

2012418kamakura_016

2012418kamakura_020

シャクナゲは今が見頃。

この左手前のお花はなんと言うのでしょう?鈴なりの小さなお花がとっても可愛いらしい。

 

2012418kamakura_021_2

明月院のしだれ桜。青い空とのコントラストが素敵ですね。

 

2012418kamakura_030

長谷寺の木瓜の花も満開です。

 

 

この長谷寺で写経ができるということで、ちょっとチャレンジしてみようかな~って思ったんですが、受付は3時に終了。

KOKOが到着したのは、1分過ぎ。

でも、あっさり断られてしまいました。 

 

ま、次回来る時のお楽しみ~、ってことで。 

 

 

 

 

2012418kamakura_048

鳩サブレーと「鳩三郎」をお土産に。

 

 

我が家から、意外と近かったんだ、鎌倉。

よしっ!

これから鎌倉を、「うちの庭」と呼んで、ちょこちょこお散歩しに行こう!っと。 

 

 

 

 

 

 

2012年4月 3日 (火)

内なる旅へ・・・

永遠の冒険少年、少女のみなさん、こんばんは!

今日は、春の嵐、すごいですね~。

ほころび始めた桜のつぼみが、激しい雨と風に揺らされて・・・・

 

 

ちょっぴり可哀そう、って思うか、すんごい楽しそう、って思うか、あなたはどっちでしょう?

 

 

ところで、春だから、何か新しいことを始めなきゃ!って思ってる人、いませんか?

 

でもネ、整体的に言うと、春は排泄、大掃除の時季なんだそうです。

徐々に身体が緩んでくるので、眠かったり、だるかったり・・・。

身体の反応が敏感になるこの時季は、できるだけ刺激や興奮を避けて、

の~んびり、ゆ~ったり過ごすのがいいそうですよ。(KOKO、実践中!  )

 

日本は4月が年度のスタート。

新入生や新入社員(人事異動とかもね)の方は、「よし!頑張らなきゃ!」って思うかもしれませんが、春の頑張りすぎは禁物ですって。(ここでムリすると、”5月病”になっちゃうかも・・・)

しばらくは、「新人」の特権で先輩に甘えちゃってもいいんじゃない?

ゆるゆると行きましょう、ゆるゆると、ね。 

 

ちなみに、新しいことにチャレンジするのは、骨盤に弾力が出てくる”初夏”がいいそうです。 

KOKOの一番好きな季節です~!!  

 

 

さて、KOKOはいよいよ明日から、ヴィパッサナー瞑想にチャレンジ、内なる旅へと出発です。

10日間の瞑想三昧、果たして、どんな体験になるのでしょうか・・・?

  

携帯も、パソコンもなし。

もちろんテレビも、ラジオも、本もなし。(何か書いたりするのもダメ)

周りの人とも一切しゃべらない10日間、って、未体験ゾーン、ですよね~。

インドで体験済みのお友達は、「また行きたいな~」って言ってたので、楽しみです!

 

しばらくブログもお休みですが、また戻ったら報告させてくださいね。

 

では~、みなさんも、素敵な春を!!

 

 

 

ヴィパッサナー瞑想ってなに? 

興味のある方はこちらをどうぞ。

日本ヴィパッサナー協会

 

 

 

 

 

 

より以前の記事一覧